2018年02月20日

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、ショックは大きかったです。


といっても、高い物ではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。


以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。


そんな時には、ハーブティーで代用という方が多いです。


何故かというと、まず一つは体にとっていい効果があるためです。


例を挙げると、冷え性や生理不順に対する効果が期待できます。


さらには、リラックスした気分になれる効果も期待できます。


ストレスは妊活の大敵ですが、それを解消してくれるのです。


実家が不動産屋などの特殊なケースは除き、一般的には住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、販売価格を決めて媒介契約を結びます。


早ければ3日、遅くても一週間とかからないでしょう。


気になるのは買い手が決まるまでの期間でしょうが、値段にもよるのでしょうが、不動産の種類や状況等により違いが出てきます。


といっても法律上の決まりにより、不動産業者と結んだ媒介契約は3ヶ月たつと効力がなくなりますから、再契約はできるものの、その期間がプロモーションの目安になるでしょう。


親世帯と同居することになったのでもっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えました。


それは良いのですが、古い車は下取りしてもらうことになったのですが、いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、提示された見積書の数字のまま、簡単にOKしました。


家に帰って中古車買取サイトを見ていたら、けっこうな高値で、中古車買取業者を利用したほうが良かったのではないかとあとになって後悔しました。


家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、その時点でかなりの債務額になっていたため結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。


車は引き上げられてしまいましたが、自宅を処分せずに済んだのは助かりました。


思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、精神的な面でも債務整理をして良かったと思っています。
  


Posted by Grace at 15:00