2016年01月24日

病院の統廃合続きにより

病院の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。


日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が大変な激務の状態にあるということです。


徐々に男性看護師も増加していますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスにやられてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。


これを食べると育毛にプラスになる、という食べ物はいくつかありますが、納豆は昔から毛を増やし、太くするのにいいとされています。


抜け毛の原因の一つとして、男性ホルモンの過剰な分泌が挙げられます。


納豆はそれを抑制する大豆イソフラボンを効果的に摂ることができますし、代謝を活発にする酵素、特にナットウキナーゼの作用で血液をサラサラにし、頭皮の血行も良くしてくれます。


納豆と相性がいいのはカプサイシンが豊富な食材、例えば、キムチです。


一回の食事の中に取り入れていき、味に変化をつけることで、毎日の献立にもメリハリがついて毎日食べることが苦にならないでしょう。


将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。


二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。


そして、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。