2017年10月21日

金融機関から融資を受け、現金を手にするのがキャ

金融機関から融資を受け、現金を手にするのがキャッシングです。


具体的には、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方法や、キャッシング機能が付いたクレジットカードで現金を貸してもらうことです。


当然ですが、借りたお金には利子が付きます。


クレジットカードの場合も同じですが、支払方法を一回払いにしても引き落とし日までの日数で、日割りの金利を含めた金額が支払われますから、覚えておいてください。


月一回、カードローンの返済をするか、あるいは、ローンによって決まった回数で徐々に返済します。


決められた返済計画が少しでも崩れてしまうと、遅れたという事実が記録として数年は残ることになります。


ローンの申請をする際にはこの信用情報は必ず調べられるので、延滞情報が記録されていたら、確実に返済する気でも、別のローンの契約は審査に通れないでしょう。


生活保護受給者がお金を借りたいと思っても、キャッシングは利用できません。


中には、生活保護受給者ということを隠して申し込む人もいるのですが、嘘が分かってしまえば、今後一切の生活保護の受給ができなくなるでしょう。


すべての手続を現金で行うなど、さまざま根回しをしてみたところで、バレないという保証はどこにもないのです。


一方で、生活保護受給者でも借入可能という業者もありますが、まず確実に悪徳な詐欺や闇金なので、使ったが最後、人生が狂ってしまうでしょう。


銀行ローンや住宅ローンを利用する際に、キャッシングの利用履歴、特に滞納したことがあると審査に落ちやすいという話があります。


ですが、それ以外にも事故歴として信用機関に登録されてしまうものがあります。


普段使っている携帯電話やクレジットカードの支払いに間に合わないと、未納として事故扱いになります。


およそ5年から10年はこの情報は記録されますから、自分の身に覚えがないくらい古い滞納が原因でキャッシングやローンの審査が通らなくなったという人も珍しい話ではないでしょう。


今、気軽な気持ちで滞納したりすると、本当にお金が必要な時に困ったことになるかもしれません。


将来のことを見据えて返済は絶対に期限を厳守するようにしてください。


借金する際、誰から借りたらいいのか迷っている人もたくさんいます。


第一に、親族など身寄りのある人もしくは信頼関係のある友人から借りることをお薦めします。


ですが、誰にも頼れそうにないなどの事情を抱えて、一定の収入を得ている場合には銀行などに貸付を申し込んだり、カードローンの利用などで貸付を申し込むやり方もあります。