2018年10月31日

キャッシングの電子明細サービスを使

キャッシングの電子明細サービスを使えば、身内が気づかないところで借り入れを行うことができるはずです。


キャッシングを用いることは非社会的なものではありませんが、家族に知られないようにしたいという人もよくいます。


利用記録が郵送されてきてバレてしまう人も少なくありませんから、インターネットの明細を使うのが最善策です。


容易に借りれていいのですが、支払いが遅れたのは一日だとしても、一日単位で遅延損害金という延滞金を支払うことになります。


一番多い年利では20%にもなる延滞金を支払わねばならないのです。


さらに、支払いが滞っていた期間に対した金利も同時に生じるので、長い延滞になればなるほど、多額の金銭を支払うことになってしまいます。


仕方なく遅延した場合、なるべく早いうちに支払いを終えてください。


何を基準にカードローンを選択するのかは千差万別であるといえるでしょう。


誰しも金利が気掛かりでしょうが、借り入れる時、返済する時に付近に手数料が要らないATMはあるか、または、支払いが出来るように返済日を給料日の後に設けるなどその人の都合に合わせて利用することも可能です。


かかる金利のことばかりに気を取られ、自分には使いづらいカードローンだと悔やまないためにも各業者を比較し選ぶようにしましょう。


私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。


一方は十万円、もう一方は二十万円で組んであるのですが、合計二万円を毎月返済中です。


ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、返済を続けても、なかなか利子を含めた返済額を完済することが出来ません。


情報を集め、他の消費者金融に借り換えようとしましたが、どこへ行っても審査が通らないため、手も足も出ませんでした。


それほど大きな金額ではありませんが、よく分からないままカードローンを利用した為に、大きな悩みが出来てしまいました。


お金を借りることになったら、注意することは返す日を守りましょう。


約束を破ってしまうと、利子の他に遅延損害金を払わされる羽目に陥ります。


督促の文書などに応じないと、裁判所で決着をつけることになるかもしれません。


つい返しそびれたら、踏み倒すわけではないことを説明して、今日、明日にでも返済しましょう。