2018年11月01日

比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも

比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、その人あるいは家族の年収を基準とした3分の1までという貸し金の限度を定めたというのも収入額に見合わない負債を背負ったために起こる悲劇を未然に防ぐために定められた、総量を規制する法律があるからです。


総量というからにはそれは1件1件のカードごとの決まりということはあり得ず、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額が対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。


大まかに言って、3枚のローンカードを持ち、そのうちの1枚で50万円のローンを返済し始めていて、2枚目のカードで更に追加のローンを組む場合は、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことで今後借り入れ可能な金額ということが分かります。


身の破滅を招く借金地獄に陥る人も減ることが期待できますね。


今月は赤字にならなかったもののギリギリという月の給料日直前に、急な出費が出てしまった時、手っ取り早くお金を借りられるところがあるか考えてみましたが、あまり考え過ぎず信販会社や消費者金融などのカードキャッシングならば、すぐに需要に応えてくれるでしょう。


インターネットで必要事項を登録し、申し込むだけで、限度額以内であれば、比較的簡単に貸してくれるようで、それを知っているだけでも安心感が違います。


もちろん、誰にでもと言うわけではありません。


それなりの審査を通過する必要があり、通らなかった人にはお金を貸してくれることはありません。


多重債務で手当たり次第借り回っているケースや延滞というのも問題になってくるので、とりあえずは多少の負債があったとしても毎月きちんと返せていればともかく、返せていないなど人間として基本の借りたものは返すということすら出来ない人はそのままで借り入れが可能になるなんて事はあり得ないので、もう借金の上乗せは出来ないものと覚悟を決めるしかありません。


借入の限度を年収の三分の一までとするという「総量規制」がキャッシングでは適用されます。


ですが、この決まりは消費者金融のフリーキャッシング、それに、クレジットカードにつけられたキャッシング枠による借入だけが適用されることになっています。


銀行を利用してカードローンで借入した場合、当てはまりません。


また、どんな契約だとしても、銀行で借り入れた場合にはこの総量規制の対象から外れます。


実際にカードローンを組む際に一番注意したいことは、そのカードローン会社の設定した金利のほかありません。


TVでも普段、カードローンのコマーシャルをいくつか目にしていると思います。


ですが、CMに出ている金利は、其々違います。


設定された金利が高い程、返済するときの利息が高くなるわけですから、カードローンを組むなら、金利の低いところが正解です。


カードローンの契約ができるのは満20歳以上になりますが、利用できる年齢にも制限があって、信販会社などの消費者金融では69歳、大半の銀行では65歳までとされています。


この年齢で審査に通れば借入を行えますが、その後、カードローンの更新の際に年齢も自動で更新される為、上限年齢を超えると自動更新は行われずに解約となります。


消費者金融の契約は5年で、銀行は1年に1度更新されます。