2018年11月02日

平成22年までにカードローンの利用経験がある人なら

平成22年までにカードローンの利用経験がある人なら、グレーゾーン金利とも言われる過払い金が発生しているかもしれません。


過払い金があったときは、請求さえしておけば返してもらえるのです。


ただし、債務整理扱いになるので、借入をしている間は同時に一括返済をしなければ残念なことにブラック扱いとなってしまいます。


元々完済した後にすることの為、過払い金請求は完済後に行ってください。


キャッシングとはクレジットカード会社や銀行、消費者金融といったところから融資を受けることです。


担保はいらないですし、返済の方法も様々あり利便性が高いので、利用者は増加しています。


理由は何であろうと貸してくれますので、お金が足りない時に急に支払いをしなければならなくなった場合は助けられます。


雇用形態が契約社員だったとしても定期的に収入があれば、借入が可能です。


ここで大事になる審査内容は、これまで勤務していた期間です。


これまでに勤務先が変わっていても、今在籍している派遣元が長いなら、差し支えありません。


社会保険証(もしくは組合保険証)を持っているなら提出すれば、審査での評価が高くなります。


急な入院や怪我など、想定外のトラブルで、返済金の入金を忘れてしまい、期限が迫っているのに銀行が閉まっていると焦ったことがある人も珍しくありません。


もし、そうした事態になってしまった時には、落ち着いて借入先に事情を説明してください。


一部の会社では当日に残金不足で引き落としできなかった場合、時間をおいて再度行うケースがあります。


最終的な引き落とし時間に間に合えば、当日中に返済したということになります。


どうせ間に合わないと諦めて放置することが一番危険です。


状況を説明し、返済の意志があることを伝えれば、業者側も最善の対応を考えてくれるでしょう。


キャッシングで実際に契約するより先に各社のサービスの特徴を比較検討しておきましょう。


つい利率に目がいきますが、そのほかにも新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、見落としがちですが、申込手続きの方法も調べておきたいものです。


キャッシングを利用しているところを具体的に想像し、利用できるATMの場所や数、手数料の有無などもチェックすることをおススメします。


つい、金利や特典に目が行きがちですが、利用期間中はATMが欠かせませんから、実は最も重大なポイントなのです。